FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

代替燃料を放置するな!

■石油大手が従来燃料販売を削減・中止へ

政府系石油会社のバンチャク・ペトロリアムは、従来の自動車燃料の販売を年内に段階的に縮小、打ち切ることを計画している。

バンチャクは現在も一部のガソリンスタンドで、代替燃料を使用できない1995年以前の車両用にレギュラー・プレミアムガソリンを販売しているが、これを年内にすべて代替燃料に切り替えるという。

バンチャクは、過去5年間にわたり代替燃料市場で他の追随を許さず、トップの座を守ってきた。

現在国内で販売されている自動車用代替燃料は、「ガソホール91」(レギュラーガソリン対応、バイオエタノール比率10%)、「ガソホール95」(プレミアムガソリン対応、バイオエタノール比率10%)、「ガソホールE20」(バイオエタノール比率20%、プレミアムガソリン比率80%)のバイオガソリン3種。および、「B5」(軽油95%、他の油脂5%)、「B100」(他の油脂100%)のバイオディーゼル2種となっている。

参考:バンコク週報 2008.07.03ニュース
最近のガソリン高騰で、ガスを取り付け、ガソリンとガスを併用する人が増えていますが、その場合、代替燃料ではなく、従来のガソリンを入れることをお勧めします。代替燃料をガソリンタンクで長期間放置していると、腐敗して不具合が発生することがあるらしいのです。それを考えると、販売中止になるのは、個人的には少し不安です。僕自身ももう少し、代替燃料について勉強しなければなりません。

スポンサーサイト
プロフィール

幸せ1番!

Author:幸せ1番!
チェンマイ環境通信へようこそ!
新米親父が体験する育児とチェンマイから環境を考えます。
どうなるか?さあご期待!







マクロミルへ登録

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。