スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

警報機設置と啓蒙活動をセットで!

■自然災害警報塔の設置を再開

去年9月に起きた軍事クーデター以降中断していた自然災害警報塔の設置が再開することになった。南部6県99カ所で設置が既に済んでおり、今後は北部、東北部、中部、シャム湾沿岸など約200カ所で設置が進められる。警報塔は半径1.5キロメートルをカバーするサイレンを装備し、津波以外の自然災害に対しても警報を発する。タイでは、自然災害による被害は過去45年間で2500億バーツに上っている。

参考:バンコク週報 2007.06.27ニュース
特に北部では、洪水、土石流や鉄砲水などに対する警報機の早期設置とそれに伴う住民達への啓蒙活動が急がれます。今年も既に数箇所で被害が出ています。



スポンサーサイト
プロフィール

幸せ1番!

Author:幸せ1番!
チェンマイ環境通信へようこそ!
新米親父が体験する育児とチェンマイから環境を考えます。
どうなるか?さあご期待!







マクロミルへ登録

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。