スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ごみ焼却施設にゴミが集まらないのと同じ??

■汚水浄化施設は完成したものの……

南部クラビ県ピピ島では、デンマークの支援で汚水浄化施設が完成したものの、多くのホテルがこれに繋がる浄化槽を設置せず汚水を垂れ流していることから、2800万バーツかけた施設が生かされていないことが問題となっている。

現地の村落行政事務所(TAO)の発表によると、同施設の汚水処理能力は1日あたり40万リットルだが、今のところ20万リットルしか汚水が集まっていないという。TAOでは近々各リゾート経営者を集め環境保全についての指導を行い、浄化槽設置への理解と協力を呼びかける予定だ。

参考:バンコク週報 2007.12.06ニュース
実は、この『汚水が集まらない!』と言う現象は、この事件に限ったことではないようです。タイの下水処理場がその能力を十部に発揮せず、つくったものの旨く稼動していないケースは何例もあります。ホテル側の意識の低さはもちろんですが、その他にも理由がありそうです。



スポンサーサイト

計画的な上下水道建設を!

■タイ東北主要都市の水道建設

タイのゼネコン(総合建設会社)大手シノタイ・エンジニアリング&コンストラクション(STEC)は4日、同業最大手イタリアンタイ・デベロップメント(ITD)傘下の水道会社アクアタイと共同で、東北部ナコンラチャシマ市の水道建設を受注したと発表した。水道網、水処理施設などで、工期は1140日。契約額30.6億バーツ。

参考:NewsClip 2007.09.04ニュース
集合住宅地の建設ブームで、各家庭でポンプを設置する所が増えていますが、これにより水道管内の水圧が変化、水道管外の異物が混入する原因にもなっています。今後このような事態にならないよう、j各県警機関も含めた総合的な上下水道網の開発が望まれます。



訴えたくもなりますわな

■魚大量死、疑惑の工場が名誉毀損訴訟

今年3月に中部アントン、アユタヤの両県を流れるチャオプラヤ川で大量の魚が死んだ事件で、住民から非難を受けていた化学薬品工場が、いわれのない容疑をかけられたとしてアントン県パモック郡の村落行政事務所代表を名誉毀損で訴えた。この魚大量死の原因について、前の月に沈没した砂糖積載船が原因ということになっている。

参考:バンコク週報 2007.08.17ニュース
現在、水質の方は良くなっているのでしょうか?砂糖船はどうなったのでしょう?



南部の水質汚染を解決しましょう!

■タイ最南部で悪化する水質汚染

プリンス・オブ・ソンクラ大学がタイ最南部で悪化する水質汚染についての調査結果を公表した。ヤラー県では生活用水がヒ素や殺虫剤の成分などに汚染されているのが確認されたほか、パッタニ県では古い錫鉱山から鉛成分が河川に染み出しているところが発見された。これらの汚染は住民だけでなく水中の生態系にも悪影響を及ぼしていることから、同大学は改善のため、政府機関と連携して今後も環境調査を進めていく方針だ。

参考:バンコク週報 2007.08.14ニュース
調査を進めていくことも大切ですが、迅速に行動に移してほしいですね。生活用水の汚染が確認されているんですから。。。。ただ、南部の現状の情勢では、このような対策は、どうしても後手に回らず得ないのが。。。う~ん。。。。



またか!?タイ東北の小川で魚大量死

■タイ東北の小川で魚大量死

21日、東北部ロイエット県の川で魚数千匹が死亡しているのが見つかった。県当局は川沿いの飲料水・製氷工場との関連を調べている。

参考:NewsClip 2007.07.19ニュース
またもや汚水垂れ流しによる事故なのでしょうか?

無認可汚染排出工場に閉鎖命令

■カンチャナブリ県、無認可工場に閉鎖命令

カンチャナブリ県は、無認可の上、有害物や悪臭を周囲に撒き散らしていたとして、タムアン郡内の瀝青炭製造プラントに閉鎖を命じた。同工場は1年ほど前から稼動しており、瀝青炭を工場向けに製造・販売していたが、県の環境室が調査したところ、営業許可を取得していないことが判明した。

参考:バンコク週報 2007.07.09ニュース
ひどいですね。ただ、タイでは簡単に工場が建てられてしまう事情があります。この工場の従業員の方々にも家族があるのだから、社長はいい加減な事はしないで頂きたい!



魚大量死、沈没船の砂糖が原因!

■タイ中部の魚大量死、原因は沈没船の砂糖

3月中旬に中部のアントン県とアユタヤ県でチャオプラヤ川の魚が大量死した問題で、タイ政府は4月10日までに、現場近くで沈没した貨物船から溶出した砂糖が原因という調査報告をまとめた。地元の養魚業者が主張していた、うま味調味料工場との関連は否定した。

工場は、タイの大手商業銀行カシコンバンク、丸紅などが出資するKTMSG社の所有で、うま味調味料「アジノタカラ」を製造。養魚業者は同工場の廃液が大量死の原因として、工場前で抗議集会を開くなどしていた。

参考:NewsClip 2007.04.18ニュース
結局、砂糖に落ち着いたようですね!



参考

原因究明が遅すぎる汚水問題

養魚場農家に支援金

養魚大量死、水質汚染は砂糖!?

危険かもしれない魚を使わないで!





プロフィール

幸せ1番!

Author:幸せ1番!
チェンマイ環境通信へようこそ!
新米親父が体験する育児とチェンマイから環境を考えます。
どうなるか?さあご期待!







マクロミルへ登録

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。