FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トウモロコシのGMO

■タイ北部、遺伝子組み換えトウモロコシが流出?

環境保護団体のバイオタイは20日、チュラロンコン大学の研究者と実施した調査で、タイ北部ピッサヌローク県の米モンサントの施設近くの畑で遺伝子組み換え作物(GMO)のトウモロコシがみつかったと発表した。確定はできないものの、モンサントのGMOトウモロコシの品種である可能性が高いという。タイではGMOの商用栽培が禁止されている。

参考:NewsClip 2007.12.20ニュース
GMO作物の流出は、環境団体のグリンピースが以前からGMOパパイヤの流出を示唆しており、してるだろうとは思っていましたが、最近タイ国内でトウモロコシの作付面積が激増している感じがします。一ヶ月ほど前、妻の実家ナーン県へ帰る途中、ナーン県に入る手前から国道沿いにびっしりトウモロコシが植えられていました。以前は山の茂みだった所にです。昨今の原油高で、バイオディーゼルやガソホールが高まっていますが、食料として人間の口に入るものが、油として絞られている傾向に少し危機感を感じます。



スポンサーサイト

やめて~屋外での遺伝子組み換え実験

■遺伝子組み換え作物の試験栽培、再開か

ティラ農相は28日、遺伝子組み換え作物の試験栽培を再開するとの農業省案について、近く関係閣僚と協議すると明らかにした。同作物の試験栽培は01年の閣議決定により中断されている。このため、ティラ農相は、科学技術、天然資源環境、保健、商業の4大臣に根回しすることで、試験栽培再開の閣議承認を取り付けたいと考えているようだ。

一方、国際的な環境NGO「グリーンピース」は、遺伝子組み換え作物に強く反対しているが、ティラ農相は、「遺伝子組み換え作物の研究・開発は重要課題」と話している。

参考:バンコク週報 2007.08.24ニュース
“遺伝子組み換え作物の研究・開発は重要課題”花粉が飛び散り、自然の日遺伝子組み換え植物が、暴露する危険性があるような施設で実験を繰り返すことは、ナンセンスである!密閉させた空間で、花粉が屋外に出ないような施設で実験の行うのであれば別の話だが、タイでそんな話は聞いたことがないのでよして頂きたい!

やめて~屋外での遺伝子組み換え実験

■遺伝子組み換え作物の試験栽培、再開か

ティラ農相は28日、遺伝子組み換え作物の試験栽培を再開するとの農業省案について、近く関係閣僚と協議すると明らかにした。同作物の試験栽培は01年の閣議決定により中断されている。このため、ティラ農相は、科学技術、天然資源環境、保健、商業の4大臣に根回しすることで、試験栽培再開の閣議承認を取り付けたいと考えているようだ。

一方、国際的な環境NGO「グリーンピース」は、遺伝子組み換え作物に強く反対しているが、ティラ農相は、「遺伝子組み換え作物の研究・開発は重要課題」と話している。

参考:バンコク週報 2007.08.24ニュース
“遺伝子組み換え作物の研究・開発は重要課題”花粉が飛び散り、自然の日遺伝子組み換え植物が、暴露する危険性があるような施設で実験を繰り返すことは、ナンセンスである!密閉させた空間で、花粉が屋外に出ないような施設で実験の行うのであれば別の話だが、タイでそんな話は聞いたことがないのでよして頂きたい!

遺伝子組み換え試験、外でするか???

■グリーンピースが農業省を告訴

 国際的な環境保護団体グリーンピースは25日、遺伝子組み換え作物(GMOパパイヤ)による汚染阻止を怠ったとして、タイの農業・協同組合省農業局と局長を行政裁判所に告訴した。

 訴えによると、同省が運営する試験場からGMOパパイヤの種子が流出し、広範囲な汚染が起きた。グリーンピースは、GMOパパイヤのの屋外試験許可の取り消し、汚染に関与した官僚の処罰などを求めている。

参考:newsclip. 2006.10.26ニュース
タイの農業局、とんでもないことをしてくれたもんです!もう取り返しがつかないかもしれません。タイ人の危機管理意識の欠落がここにも出てきています。 遺伝子組み換え製品(GMO: Genetically Modified Organisms)に関して詳しくは、知ってる?環境のことNo.7 をご参照ください



僕は、自分が育てた美味しいトマトを自分でまた育てたい!

■先進国からの〃略奪〃をストップ

 国連環境計画から今年の優秀賞を授与されたエチオピアの学者が、タイは他の東南アジア諸国と協力し、先進国から生物多様性資源を守る必要があることを強調した。特に取引交渉がフェアかを見極めることが重要と助言し、自由貿易協定の内容にも留意するよう述べた。タイは国産薬草の特許を日本に所有される等、先進国による著作権侵害問題を抱えている。

バンコク週報会員サイト2006.05.2のニュース
近年、バイオテクノロジーが注目を集める中、非常に深刻な問題です。GMO技術を駆使する巨大な多国籍製薬会社や種会社に国際特許を所有されることにより、将来、農家は、自主交配できなくなり、自分たちが栽培する作物の種を他の組の種会社から買わなくてはならなくなります。現在、タイは、アメリカ、日本など、巨大な先進国とFTAを結ぶ交渉に入っていますが、自国の貴重な資源を保護できるようハンドルして欲しいと思います。



プロフィール

幸せ1番!

Author:幸せ1番!
チェンマイ環境通信へようこそ!
新米親父が体験する育児とチェンマイから環境を考えます。
どうなるか?さあご期待!







マクロミルへ登録

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。