FC2ブログ

ノックエアーも怪しい~

■タイ航空機、ハジャイに緊急着陸

6日午前10時半ごろ、バンコクのスワンナプーム国際空港からクアラルンプールに向かっていたタイ国際航空TG415便エアバス機が空調システムの故障でタイ南部ハジャイ空港に緊急着陸した。乗員乗客286人にけがはなかった。

参考:NewsClip 2007.11.06ニュース
最近、ノックエアーも怪しい様子。どうも故障機が多く、常にフライトスケジュールが遅れている。ノックエアーをご利用の人は遅れに注意!



スポンサーサイト

速報!スト中止です!

■タイ国鉄のスト中止

タイ字紙タイラット(電子版)によると、タイ国鉄(SRT)の労働組合は31日夜、運輸省、SRT経営陣との協議の末、ストライキの中止に合意した。経営側は、民間鉄道会社がSRTの線路を使った貨物輸送に参入した場合、SRT職員を優先し雇用する方針を確認。労組が指摘した汚職疑惑の調査も約束した。

タイの国営企業ではストが禁止されているため、SRT職員は31日に一斉に病欠したり職場放棄する形で列車の運行を止めた。事前通知がなかったことから、通勤、通学客ら約2万人と貨物輸送に影響が出た。

参考:NewsClip 2007.11.01ニュース
一先ずは良かったですね。

また中国製品の不祥事!

■中国から輸入玩具、基準量の40倍の鉛成分

基準量を超えた鉛を含む玩具がタイ全国で見つかったことを受け、輸入玩具の安全基準における取締りが強化されることになった。

消費者保護委員会がタイ全国で173個のサンプルを収集し検査した結果、中国から輸入された自動車や戦闘機などの玩具31個から基準の40倍近い鉛成分が検出された。

法律では安全基準に満たない外国製品の販売者には1か月以下の懲役または5000バーツ以下の罰金、またはその両方が科されるほか、輸入者に対してはさらに厳しい罰則が定められている。

参考:バンコク週報 2007.10.31ニュース
最近、日本でも製造業の不祥事が続いていますが、何とかして欲しいですね!皆さんも注意してください!



いきなりストって!迷惑ですよ!

■タイ国鉄が全国スト、民営化反対で

タイ国鉄(SRT)の労働組合が30日夜から全国規模のストライキに入り、各地で列車の運行が停止した。労組は「(11月1日に発効する)日本・タイ経済連携協定(JTEPA)にSRTの民営化計画が盛り込まれている」として、民営化の撤回を要求している。

SRTは鉄道の総延長4300キロ、社員数2.6万人。運賃を低く抑える政策のため慢性赤字で、2005年10月―2006年3月決算は総収入44億バーツ、最終赤字26.7億バーツだった。06年3月末で累積赤字349億バーツ、負債669億バーツを抱える。

参考:NewsClip 2007.10.31ニュース
大体、予告もなくストに突入するなんで言語道断!他人お迷惑も考えて欲しい!っと言いたい所だが、これがタイであり、これが先進国?といられない所なのかもしれない。あんまり偉そうな事を言える立場ではないが、物は追いついても人が追いついていない!





今のタイ仏教はこの絵の通り?

■「仏教侮辱?」画、タイ僧侶が展示撤去を要求

仏教僧侶ら約50人が9日、バンコクの首相府を訪れ、中部ナコンパトムのシラパコン大学で展示されている絵が仏教を侮辱しているとして、政府に撤去を要求した。問題となっているのは、画家で大学講師のアヌポン・ジャントンさんによる一連の作品で、口がくちばしとなった僧侶が食べ物をついばむ姿などが描かれている。

タイは国民の8―9割が仏教徒で、成人男性の多くが一生に一度は出家するなど、生活の中に仏教が息づいている。著名僧のポスターやお守りは人気が高く、各地方の「高僧」は社会、政治に大きな影響力を持つ。

一方、僧侶の不祥事も後を絶たない。タイ仏教では僧侶が女性と直接接触することが禁じられているが、僧侶と女性が同きん中の写真が新聞紙面を飾ることは多い。昨年には犬やニワトリを強姦する僧侶の動画がネット上に流れ、社会的な問題となった。また、寺が麻薬売買の拠点となるケースも増えている。

参考:NewsClip 2007.10.09ニュース
仏教の教えを冒涜していると、僧侶でもこんな姿になると戒めている、仏教の教えを説いた昔の本の中にある風刺画や言葉を今のタイ仏教を取り巻く現状を憂いで描かれたもの。今のタイ仏教に警鐘を鳴らしているのです!この絵を見てそんな単純なメッセージさえ理解できずに、大きく騒ぎ出し、社会を混乱させようとするす僧侶達。まさにこの絵にはまっています!先の仏教国教化運動然り、ここで方向転換しなければタイ仏教も衰退の一途をたどるような気がしてなりません。美術品を見る目が育っていないこともあるのでしょうが、もっと勉強してほしいですね。指導者的立場にいるのですから。。。



肥満が社会問題のタイ

■タイはアジアでワースト5位

保健省によれば、タイは特に都市部で、運動不足、太りすぎのオフィスワーカーが増加し、世界保健機関(WHO)の調査でアジア太平洋地域の肥満ワースト5位にランクされた。1位はオーストラリア、以下、モンゴル、バヌアツ、香港と続く。

同局のナロンラック局長は、「全人口6500万のうち、バンコクなど都市部を中心に約1000万人が肥満問題を抱えている。過去5年間の統計では、肥満増加に伴い心臓病、ガン患者も増えている」と指摘した。

なお、軍人も例外ではなく、国軍最高司令部に勤務する約1万2000人の24%が肥満とのこと。同司令部も肥満を職員の健康、業務効率に影響する問題と捉えており、なんらかの改善策が必要と感じているとのことだ。

参考:バンコク週報 2007.10.10ニュース
タイ人は基本的に歩かないので余計なんでしょうね。また、これも都市部が多いのですが、子供の肥満も問題になっています。そういう自分も運動しなければ。。。

タイの金権政治は永遠に不滅です!

■タイの汚職指数が急上昇

汚職防止のための活動を続ける国際NGO「トランスペアレンシー・インターナショナル(TI)」(本部ベルリン)が発表した、今年の世界の汚職指数(CPI)によれば、タイの順位は昨年に比べ、アジア太平洋地域で11位から14位、世界180カ国中で63位から84位にダウンした。同指数は、最も汚職の多い「0」~最も汚職の少ない「10」の間の数字で示され、国別ランキングは汚職の少ない順となる。

今年のトップは9.4のデンマーク、フィンランド、ニュージーランドの3カ国。4位には9.3でシンガポールが入っている。また、香港は8.3で14位、日本は7.5で17位。タイは84位でポイントは3.3だった。なお、最下位は1.4のミャンマーとソマリア。

参考:バンコク週報 2007.09.27ニュース
3.3ポイントってひどいですよね!恐らく案件の半分以上に汚職が蔓延しているんでしょうな。タクシン政権が変わった所で、タイの金権政治が死んだわけではないのです!最近辞任した3大臣のルール違反の株取得を見てもそれは明らかです。恐らく本当にシロなのはほんの数人なんでしょうね。



プロフィール

幸せ1番!

Author:幸せ1番!
チェンマイ環境通信へようこそ!
新米親父が体験する育児とチェンマイから環境を考えます。
どうなるか?さあご期待!







マクロミルへ登録

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブログ内検索
RSSフィード
リンク